Tokyo Digitaldetox
~人生を変える”空っぽの時間”~
コラム

自分の「才能が枯れる」努力をしていませんか?

2ブルーロックという漫画が大好き

こんにちは!橋口です!

 

今日は今僕がドハマリしている「ブルーロック」というサッカー漫画があるんですが、

その最新話であるキャラの”名言”に
強烈に心を揺さぶられて、

ヤバい!誰かにこの話をしたい!!!と、

いても立ってもいられなくてこの記事を書きましたw

この記事は、

 

サッカー漫画「ブルーロック」を知らなくても、

ライターの橋口のことを知らなくても、

男性でも女性でも学生でも経営者でも、

 

自分が何者なのかハッキリわからない方

今の自分の人生に満足できていない方

自分がどんな人生を進んでいいか分からない方

 

にとって、

 

人生を大きく前に進めるきっかけになる

記事なので、ぜひ読んでみてください♪(^^)

 

(以下、少しネタバレ含みます)

 

ブルーロックは日本の才能ある学生選手が
牢獄に閉じ込められて、日々、過酷な挑戦に挑み、
失格者は即リタイアでサッカー人生が絶たれてしまう、
というサバイバル漫画です!

 

今回の話はその中の、

世界最強の選手「クリス・プリンス」(以下、クリス先生)
のセリフがすごく自分の中で響いたので、
皆さんにご紹介したいと思います!

クリス先生はイギリス代表で世界トップレベルの選手で、
とあるきっかけで、日本のU20(20歳以下の日本代表)の指導者に抜擢され、

U20を世界で通用する選手に進化させるプロジェクトに参加することになりました。

そして、クリス先生はU20の選手と初対面したときに
これからトレーニングを始めるにあたって、

非常に重要になる哲学をU20に話します。

 

 

そのセリフがこちら!

 

 

自覚のない才能は枯れるよ。

 

自分の才能の仕組みを理解しないまま、
闇雲な努力で、能力を求めると、
今まで自分を唯一無二たらしめていた才能の邪魔になる
肉体やスキルを身につけ、


結果的にバランスが崩れ、中途半端な選手になり、

才能は一瞬で枯れてしまう。

そして自信を失い、精神を乱し、選手生命は終わる
これはどんな才能の世界にもある

 

これは消えてく天才たちの共通するシナリオだ。

 

例えば、「速く走れる才能」を持った選手が、
もっといい選手になるために、「どんな選手にも負けないパワー」を求め、
トレーニングで、筋肉を大きくしたとする。

でも、これは結果的に、
速く走るために特化した身体に
”重りとなる筋肉”をつける「鎧」を着てしまう行為。

結果として、走るスピードは落ち、中途半端な選手に成り下がる。

 

 

これを聞いたU20の選手たちは、

今までとにかくがむしゃらに頑張っていたトレーニングから、
自分の強みや才能をもう一度、再考、因数分解して、
自身に最適なトレーニングを各地で進めていくことになります。

(文脈の都合上、一部書き換えてます)

◆珈琲に置き換えると、、、

この話って本当にどの業界にも言えることだと思います。

例えば、僕は学生時代にバリスタとして、働いていました。

 

バリスタの業務には、

その日の豆のコンディションを見極めて、
抽出方法や使う粉の量と粗さ、お湯の温度を変える

という仕事があります。

 

例えば、当時働いていたカフェで使っていた

ブラジル産の深煎りされた豆は、
苦味やコクを表現するのが得意で、

正しいレシピで抽出すると、
日本人好みのコーヒーになることができます。

一方で、エチオピア産の浅煎り豆は、
ベリー系の華やかな香りを表現するのが得意で、

正しいレシピで抽出できると、
イチゴやラズベリーが漬け込まれた紅茶のような
華やかなコーヒーになることができます。

 

この2つの豆は正反対の才能を持っているため、
同じカップ一杯のコーヒーを作るときでも、
使う豆の量やお湯を注ぐタイミングが全く異なります。

ブラジルの深煎り豆を使って、
華やかな香りのコーヒーを作ろうとすると、
単純に薄いだけのコーヒーになってしまうし、

エチオピアの浅煎り豆を使って、
苦味とコクが豊かなコーヒーを作ろうとすると、
酸っぱくて雑味だらけのコーヒーになります。

豆が本来持っている風味(才能)を引き出すためには、
豆の”才能の仕組み”を理解して、
本質を抽出してあげる必要があります。

 

◆自分の才能の見つけられた理由

 

僕もWEBマーケティングの一環で
TikTokのコンサルをしているんですが、

その営業をしているときに
自分の才能を理解せずに、
がむしゃらな努力で痛い目を見た経験があります、

僕の才能は、

 

① 第一印象で”良い人”だと思ってもらえる

ちゃ、ちゃんと本当に良い人ですよ?(;´∀`)

② 相手の本音を自然に引き出す相づちや質問ができる

③ 相手とすぐに意気投合できる

 

コミュニケーションにおいては、この3つが強いと自覚しています。

見た目と声の印象が柔らかいのもあって、
するするっと、相手の懐に入ることができちゃうんです♪

 

たまに距離感間違えちゃいますけど、、(;´∀`)

 

そんな僕が、
毎月の売上ノルマに焦って、すぐに結果が出るために

実績や専門知識を全面に出して、相手の上に立つような

俺様スタイルを勉強して、インプットした時期がありました。

 

結論、最悪でした。。

 

40歳の経営者の立場で、想像してみてください。

柔らかい印象を持つ草食系の25歳の若者が、

過去の実績をひけらかして、
難しい言葉でノウハウを喋りまくって持ってて、

あなたの会社は今こんな悲惨な状況だから
僕のコンサル受けたほうがいいですよ!

ちなみに、今引き合い多いんで、ここで決断してください!

なんか違くないですか?w

これまでの柔らかい営業スタイルであれば、
受注はされなくても、話が終わると感謝されたし、信頼してもらって、別の人を紹介してもらうみたいな良い循環になっていたんですが、

この俺様スタイルにした途端に、

その人との関係が終わるどころか、
別ルートから「橋口さん、なんか冷たい感じの印象で一緒に仕事したいと思えなかった」
と感想が伝わってきましたw

まさに才能が枯れた瞬間ですよね、、

自分の才能を一人で自覚することはかなり難しいです。

僕も色んな人に会って、お話して、

橋口くんってこういういいところあるよね!

みたいなフィードバックをたくさんもらったから気づくことができてます!
自分が普通と思ってることが、他人から見ればすごい才能というのは、
よくある話で、

苦労せずに、当たり前にできちゃう

なんかわからないけど楽しんでできる

これらは”才能あるある”で、
当たり前にできるからこそ、自覚できないし、

それに気付けるのは自分以外の誰かなんです。

もしこの文章を読んで、

自分の才能がなにか知りたい!

自分がこの先どうして良いのか分からない!

やりたいことが見つからない!

みたいな方がいれば、気軽に連絡してほしいです!

僕は相手と話していく中で、人の才能を見つけるのが大好きなので!(^^)

<LINE公式>

僕は”世の中の本質をドリップするバリスタ”になりたいと思っています。
もしよければ、
僕がこのコンセプトについて伝えたいことを詰め込んだ記事も読んでみてください!

<URL>

肩肘張らずコーヒーでも飲みながら、
しっとりと楽しんでいただけると幸いです(^^)

ではでは!

ABOUT ME
橋口 達也
橋口 達也
将来の夢:白髪の綺麗なおじいちゃん